技術の有無を問わず、幅広い年齢層が楽しめるシュノーケリング

特別なライセンスも酸素ボンベも必要ない

シュノーケリングは特別な技術がいらず、酸素ボンベなどの重装備も必要がないので手軽に行うことが出来ます。普通、スキューバダイビング体験の場合は特別なライセンスや、潜るための技術が必要になります。また、酸素ボンベなど重装備になるため動くことも大変です。シュノーケリングの場合は、口に咥えるスノーケルと専用のゴーグル、足に付けるフィンだけで行えます。シュノーケリングは主に水面際や浅瀬でゆっくり遊泳していきます。深い場所に潜ることがないため、大人から子供だけ幅広く遊泳を楽しむことが出来ます。浅瀬でも場所によっては、さまざまな魚の群れが泳いでいたり、綺麗なサンゴ礁を眺めたりできるので、まるで海中散歩をしているような気分になれます。

実は泳げなくても体験できる

スキューバダイビングと違い、特別な技術が必要ないだけでなく、泳げない人でも安全に楽しむことが出来ます。スキューバダイビングの場合には深い場所へ潜って行かなければならないため、泳げるだけでなく、素潜りの技術も必要です。シュノーケリングは水面際で浮かびながら行うのですが、元々人の体は水に浮くように出来ています。もし恐怖心などで体に変に力が入ってしまう時にはライフジャケットを着用することで、さらに安全に楽しめます。また、シュノーケリングは一つのグループに対して専門のインストラクターが必ず1名以上付きます。泳ぎに心配のある方はインストラクターと一緒に行うことも可能です。また、実際に海に入る前には短時間のレクチャーもあります。

西表島のツアーでは、自然を満喫できるコースが人気です。マングローブの森やそれぞれ表情の違う滝、美しいビーチなど見所が多くあります。